[拡散希望] 「ペットオークション」の是非を問う 流通過程で行方不明になる犬猫

保護犬猫 情報

当ホームページ【地域の車窓から】では、保護犬・保護猫の情報拡散の支援をおこなっております!
少しでも地域活動のお役に立てるよう、日々更新を続けていきたい思います。

その他にも地域の情報を無料宣伝などおこなっておりますので、ご興味ある方は下のボタンからページをご覧ください。

繁殖業者(ブリーダー)と ペットショップを 組織的につなぐ日本独自の 「ペットオークション」 というシステムがあるのを ご存知でしょうか? 子犬はブリーダーから 直接ペットショップや ブローカーに卸される だけでなく、 多くの場合は 「ペットオークション」を 通して売買されています。 こうしたオークションの 大手の団体が全国に22ヶ所 あるといわれます。 ひとつのオークションにつき 年間の売上高が 〈数億円から十数億円〉 というから、 やめられない訳です。 命をモノのように認識し、 商品のように扱い、 生まれてすぐの子犬が あのような形で 人目にさらされ、 親兄弟と切り離されていく 「ペットオークション」 というシステムは、 動物保護観点から 廃止すべきだという声も 上がっています。 関連動画:悪徳ブリーダーの実態 毛皮コートは本当に必要か?年間4000万匹の 動物たちが毛皮のために https://www.youtube.com/watch?v=i2W5sBxgWnE

お得な定額制ホームページから
高品質なセミカスタムまで。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP